26284円 ティムコ(TIEMCO) フェンウィック エイシス ACES74CMHJ スポーツ&アウトドア 釣り ロッド・竿 /intrusion531900.html,26284円,ACES74CMHJ,スポーツ&アウトドア , 釣り , ロッド・竿,フェンウィック,ティムコ(TIEMCO),エイシス,ishiguro-kaikei.jp ティムコ TIEMCO フェンウィック ACES74CMHJ エイシス 買取 /intrusion531900.html,26284円,ACES74CMHJ,スポーツ&アウトドア , 釣り , ロッド・竿,フェンウィック,ティムコ(TIEMCO),エイシス,ishiguro-kaikei.jp 26284円 ティムコ(TIEMCO) フェンウィック エイシス ACES74CMHJ スポーツ&アウトドア 釣り ロッド・竿 ティムコ TIEMCO フェンウィック ACES74CMHJ エイシス 買取

ティムコ TIEMCO フェンウィック ACES74CMHJ 授与 エイシス 買取

ティムコ(TIEMCO) フェンウィック エイシス ACES74CMHJ

26284円

ティムコ(TIEMCO) フェンウィック エイシス ACES74CMHJ

商品の説明

Fenwickの歴史を紡ぐ新たなフラッグシップモデル
フェンウィックは60年を超えるフィッシングロッドマニュファクチャーの歴史において、マテリアル・製法・構造・デザインといったロッドを構成する数々のパラメーターに対し研究開発を積み重ね、独創的なアイディアと技術力を持ってフィッシングロッドとしての機能性を追求してきました。
ACESシリーズは、よりテクニカルに細分化された近代バスフィッシングに対応すべく、これまでフェンウィックロッドにあったブランクマテリアルごとのシリーズ構成から、各モデルのコンセプト・メソッドに対し、現在考えうる最も適したマテリアル、製法、構造を適材適所で組み合わせ、先進のガイドセッティングとバランスで専用設計しました。
ブランクマテリアルを釣り方に当てはめる考えから、釣り方にブランクマテリアルを合わせ込むコンセプトに一新する事で、メッソッドやテクニックに特化した、より専門性を追及したスペシャリティーモデルで構成されています。
フェンウィックロッドの長きに渡り培われてきた技術の粋を集め、エースナンバーのみで構成された死角無きシリーズ。それがNewフラッグシップモデルACESのコンセプトです。
フェンウィック エイシス ACES74CMHJ
HI-DENSITY ARAMID VEIL DESIGN
しっとりした粘り強さと、深いトルク感を重視した高密度ブランク設計。弾性率の異なる複数のグラファイトクロスをセクション毎に組み合わせ、アラミドヴェール補強。
更にバットパートにナノレジンを採用する事で、湧き上がる様なリフティングパワーと剛性感が際立つブランクスに仕上がっています。
パワー系バーサタイルとして、あらゆる中量級リグにマッチする7'4"MHナンバー。
ビッグバスの硬い上顎を貫き、一気にカバーから引き剥がすパワーに磨きを掛けるべく、ナノレジンamp;アラミドヴェール補強を施した高密度ブランクにハイテーパーを組み合わせて新設計。
軽量且つズバ抜けた復元力を持つトルキーなロッドが完成しました。
更にティップセクションにやや張りの強いパートを設ける事で、高感度なカバーコンタクト性を実現。
リグの挙動を感知しやすく、ウィードの様なソフトカバーであっても、引っ掛け、ほぐし、切るといった動作が容易なセッティングになっています。
ヘビーカバーやグラスパッチに用いるテキサス、リーダーレスDSは勿論、スイムジグ、スピナーベイト、ヘビキャロ等、7'4"レングスがもたらす優位性を遺憾なく体感出来るロッドに仕上がっています。
2016年琵琶湖で開催されたBAITトーナメント第3戦において、冨本タケル氏が2日間で28,935gという驚異的なレコードウェイトを樹立して優勝を飾った立役者となったモデルです。

ティムコ(TIEMCO) フェンウィック エイシス ACES74CMHJ

ようこそ、中国語スクリプトへ!

中国語スクリプトは無料の中国語学習サイトです。1200単語の単語学習(音声・例文・画像などで学べます)や、発音の学習中国語検定対策の勉強などを行えます。

初めてこのサイトに来た方は、このサウンドマークをクリックしてみてください。

“你好”と聞こえましたか? このように、このサイトで表示される中国語の大部分には音声が付いており、サウンドマークを押すことにで聞くことができます。

筆者は20年以上大学などで中国語を教えており、その経験をもとにした中国語の学習方法や、このサイトでの学び方などが中国語の勉強法にまとめてあります。これから中国語を独学しようという方には参考になると思うので、まずは勉強法のページから読んでみることがおすすめです。

更新履歴
中国語学習
中国関連コラム